→ 居室  → トレーニング室   浴室   サロン   料理  → 職場環境
 → 娯楽室     洗濯室   調理室   AED  
       

  ●居室(Living space)


 
乗組員の居室はプライバシーを大切にした全室個室となっており、ベッド、テレビ、机、椅子、ソファー、洗面台、DVDレコーダー、冷蔵庫等も完備されていてゆったりと休息できるプライベート空間を過ごすことができます。




         

 
  ●娯楽室(Recreation room)


 

白油船の第11・第15霧島丸(6、000KL)については、乗組員が快適な船内生活を送れるように大型画面のテレビを設置し、映画を鑑賞したり雑誌を読んだり、その他トレーニング機器等があって乗組員同士のコミュニケーションをとる設備が充実しており、仕事を離れてリラックスした時間が過ごせます。






  ●トレーニング室 (Training room)


 

白油船の第11・第15霧島丸(6、000KL)については、乗組員が健康な船内生活を送れるように専用のトレーニングルームを設けています。自由に使用することができ、運動不足になりがちな船内生活を、ルームランナー・エアロバイク・筋トレ器具等と設備を充実させ、仕事を離れてリラックスした時間が過ごせます。


         

 
  ●浴室(Bath room)


 
乗組員が仕事を終えた後は、広いお風呂に入浴して1日の疲れを癒やします。
天気の良い日は、お風呂の大きな窓から景色を眺め、リラックスできるスペースになっています。






 
  ●洗濯室(Laundry)


 

洗濯機・乾燥機を多数備え付けており24時間好きな時間に洗濯・乾燥が出来ます。船によってはドラム式洗濯機もあり、乗組員の船内生活を助けています。









  ●サロン(Saloon)


 

サロンでは、中央に大型画面のテレビが備え付けられており、乗組員が食事をしたり、船内ミーティングスペースとしても使用されています。









 

 
  ●調理室(Galley)


 

食事は、乗船中に乗組員が日々暮らしていく中でも特に楽しみな時間です。毎日の献立は、司厨長が港で仕入れた材料を把握、栄養のバランスがとれた健康に配慮したメニューを立案。最新の調理器具にて司厨長が自慢の腕を振るい、飽きの来ないメニューで食べる楽しみを提供いたします。また保温保冷庫(全船搭載)を設置することにより、直接料理を配膳する為、ギャレーからサロンへの配膳作業がスムーズとなり、シビアな衛生管理が可能になっています。

         

  ●料理(Meals)


 
乗船中の食事は会社負担で全て支給され、水道光熱費もかかりません。











 
  ●AED(自動体外式除細動器:Automated External Defibrillator)


 

船内での緊急事態はもとより、AEDが必要となる事態が船外で発生した際にも利用できます。(全船搭載)