船員採用情報は
こちらです
グループ各社の
概要はこちらです
   
 
 
地図をクリックするとGoogleマップが開きます
 商 号
 株式会社 霧島海運商会(KIRISHIMA KAIUN SHOKAI CO.,LTD.)
 所在地
 〒808-0024
 福岡県北九州市若松区浜町一丁目5番26号
 TEL:093-771-5461(代表)・FAX:093-761-0388
 創 業
 1951年10月
 設 立
 1967年12月6日
 資本金
 4,000万円
 営業種目
 石油類輸送・内航海運業(許可番号:運A-0223)
 役 員
 代表取締役 阿部晴幸 他 6名
 主要取引先
 鶴見サンマリン(株)、菱栄産業(株)、コスモ海運(株)
取引金融機関
 
(株)西日本シティ銀行
 
(株)北九州銀行
 
(株)伊予銀行
 
(株)日本政策金融公庫
(順不同)
 加盟団体
 全国内航タンカー海運組合・全国海運組合連合会
 所有船舶
 
第十五霧島丸
 
(オイルタンカー)
総トン数
3,987.00 G/T
 
第十一霧島丸
 
(オイルタンカー)
総トン数
3,832.00 G/T
 
第十七霧島丸
 
(オイルタンカー)
総トン数
1,792.00 G/T
 
第二十一霧島丸
 
(オイルタンカー)
総トン数
1,791.00 G/T
 
菱成丸
 
(セメントタンカー)
総トン数
749.00 G/T
 沿 革
年 月 記 事
1967 昭和42年 12月 株式会社霧島海運商会設立 資本金200万円
1969 昭和44年 1月 東京油槽船(株) 吸収合併
資本金400万円に増資
11月 資本金1,000万円に増資
1970 昭和45年 9月 第十一霧島丸(初代):693.786G/T(黒油タンカー)を 村上秀造船(株)にて建造
【昭和57年9月に海外売船】
10月 資本金1,500万円に増資
1975 昭和50年 5月 資本金3,000万円に増資
7月

第一勝丸:297.50G/T(黒油タンカー)を国内買船
【昭和51年03月に解撤】

1976 昭和51年 4月

霧島丸:199.76 G/T(黒油タンカー)を前野造船鰍ノて建造
【昭和54年08月に国内売船】

1978 昭和53年 2月

浦田汽船給z収合併
資本金3,100万円に増資
冨士丸:299.50G/T(貨物船)所有権取得
【昭和61年08月に国内売船】

7月 資本金4,000万円に増資
9月

菱福丸:296.57G/T(セメントタンカー)を
大三島ドック鰍ノて建造
昭和54年08月に323.70G/Tへ改造により
総トン数変更
昭和61年07月に340.15G/Tへ改造により
総トン数変更
【平成07年09月に解撤】

1981 昭和56年 3月

榮福丸:195.19G/T(セメントタンカー)を橋本造船梶E村上秀造船鰍ノて建造
昭和57年01月に198.56G/Tへ改造により総トン数変更
【平成18年02月に解撤】

1982 昭和57年 11月

第十一霧島丸(二代目):994G/T(白油タンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
昭和61年11月に1,116G/Tへ改造により総トン数変更
【平成05年12月に海外売船】

1983 昭和58年 7月

菱安丸:699G/T(アスファルト専用船)を村上秀造船鰍ノて建造
【昭和61年07月に国内売船】

1987 昭和62年 12月

物産丸:199.76G/T(黒油タンカー)を国内買船【昭和63年05月に海外売船】

第八喜久丸:199.73G/T(黒油タンカー)を国内買船
【昭和63年04月に解撤】

1988 昭和63年 9月

第二十一霧島丸(初代):699G/T(黒油タンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
【平成12年03月に国内売船】

11月

霧島丸:499G/T(セメントタンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
平成06年11月に507G/Tへ改造により総トン数変更
【平成25年08月に海外売船】

1991 平成3年 12月

鶴帝丸:356.00G/T(特殊タンク船:CWM)を村上秀造船鰍ノて建造
平成08年09月にA重油専用船へ改造 改造工事を村上秀造船鰍ノて施工
【平成10年04月に国内売船】

1994 平成6年 1月

第十一霧島丸(三代目):1,495G/T(白油タンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
【平成09年09月に国内売船】

1995 平成7年 8月 菱成丸:749G/T(セメントタンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
10月

阿蘇丸:2,268.83G/T(セメントタンカー)を国内買船
【平成10年09月に国内売船】

箱崎丸:1,015.61G/T(セメントタンカー)を国内買船
【平成15年04月に海外売船】

1997 平成9年 12月

第十五霧島丸(初代):2,960G/T(白油タンカー)を且O浦造船所にて建造
平成14年11月に2,966G/Tへ改造により総トン数変更
【平成31年04月に海外売船】

1998 平成10年 10月

高鶴丸:498G/T(白油タンカー)を国内買船
【平成13年10月に国内売船】

2000 平成12年 3月

第七霧島丸:952G/T(黒油タンカー)を国内買船
【平成17年07月に国内売船】

12月 JGにて任意ISM(DOC)認証取得
2003 平成15年 4月

第八霧島丸:199G/T(黒油タンカー)を国内買船
【平成16年04月に国内売船】

2005 平成17年 8月

大鶴丸:2,948G/T(白油タンカー)を国内買船
【平成24年04月に海外売船】

9月

第十一霧島丸(四代目):1,598G/T(白油タンカー)を国内買船
【平成22年04月に海外売船】

2007 平成19年 12月

第十八霧島丸:1,599G/T(黒油タンカー)を国内買船
【平成24年04月に海外売船】

2009 平成21年 3月
第二十一霧島丸(二代目):1,791G/T(黒油タンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
 
2011 平成23年 9月
第十一霧島丸(五代目):3,832G/T(白油タンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
 
2012 平成24年 7月
第十七霧島丸:1,792G/T(黒油タンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
 
2013 平成25年 12月
Class NKにて任意ISM(DOC)認証取得
 
2014 平成26年 2月
JGにて認証取得した任意ISM(DOC)を返納
 
2019 令和元年 6月
第十五霧島丸(二代目):3,987G/T(白油タンカー)を村上秀造船鰍ノて建造
 
以上
Copyright (c)2006. KIRISHIMA KAIUN SHOKAI CO.,LTD. All rights reserved