◆ 安全及び環境保護基本方針

株式会社霧島海運商会は、船舶管理業務を実行する上で、
船舶の安全運航及び環境保護の確保に関し、次の基本方針を定める。

 

「海上における安全、傷害又は人命の損失並びに海洋環境及び財産の損害回避」を確実に確保することを最優先されるべき事項であると認識し、これを当社の基本方針とする。

当社は、本方針を完遂するために国際安全管理コード(ISMコード)の要件及び適用される法令に準じた「安全管理システム」を確立し、安全及び環境保護を最優先の基、実施に当たっては特に次の事項に留意する。

 

1.船舶の運航における安全な業務体制及び安全な作業環境の確保
2.予想される全ての危険に対する対策の確立
3.陸上及び船内の要員の安全及び環境保護に関する緊急事態
 への準備を含めた安全管理技術の継続的な改善。

株式会社 霧島海運商会
代表取締役社長 阿部晴幸

 

 

  


 


 

 

船員採用情報はこちらです
◆ 安全管理システム構築



当社は、船舶管理業務をより確かなものにするため、2000年に任意ISMコード「※DOC」を取得し、安全管理システムを構築いたしました。2001年から各船舶の「※SMC」を順次取得し、現在まで安全管理システムを継続的に更新、維持しており、「船舶の安全運航及び環境保護の確保」に努めております。

「※ISM」とは、「INTERNATIONAL SAFETY MANAGEMENT」の略字で、日本語では「国際安全管理」と呼ばれています。「※DOC」とは、「DOCUMENT OF COMPLIANCE」の略字で、日本語では「適合認定書」と呼ばれており、ISMコードの要件への適合に関する最初の検査に合格した後、会社に対し発給されます。「※SMC」とは、「SAFETY MANAGEMENT CERTIFICATE」の略字で、日本語では「船舶安全管理認定書」と呼ばれており、 ISMコードの要件への適合に関する最初の検査に合格した後、船舶に対し発給されます。




◆ドック時安全会議

各船舶において毎年1回のドック入渠時に、荷主主催の安全会議を実施。主に最近発生した事故・トラブル事例を題材に、事故の未然防止の観点から原因と対策を掘り下げ、それに対する基本作業の再徹底、人的要因による事故・トラブルの絶滅等、参加者全員で率直な意見を交換すると共に、コンプライアンスの周知・徹底を図り、安全確保に努めています。



会社安全会議

会社において毎月1回の安全定例会(船主・船長含む)を開催、当社グループ内で起こった事故・トラブル事例の概要、原因と対策等の説明、月間安全重点目標の習熟度を確認し、いかに抑制効果につなげられるか、模索しながらグループ一丸となって安全確保に取り組んでいます。


◆ 教育研修


当社のモットーである「お客様の大切な荷物を、安全且つ安定的にお届けすること」を旨としていますが、これら安全運航を維持・継続していく基本となるのは現場で働く乗組員一人ひとりであります。
当社は、乗組員の教育に重きを置き試行錯誤を重ね、独自の様々な社内研修プログラムを立案、新卒者向けの社会人研修から、中途採用者向けの安全研修等バラエティに富んだ研修も準備しています。また、外部研修への受講も適宣行っております。